仙台で眼瞼下垂の手術を受ける前に行われるカウンセリングとは

カウンセリングの内容は、主に患者さんの希望を聞くこと、患者さんの悩みや質問に答えること、医師が治療の説明をすることです。自分が術後このような印象の目になりたい、といった希望があるなら、それをはっきりと伝えましょう。黒目の見え方や目の形などを伝えれば、それを踏まえて目のデザインを行ってくれます。また、素朴な疑問でもかまいませんので、分からないことは何でも医師に相談してみることが大切です。手術前の不安な気持ちが、疑問を解決することで和らぐことがあります。
治療の説明に関しては、治療の方針や手術の内容、治療に伴うリスクなどを分かるまで説明してもらいましょう。これから行う手術にどのような意味があり、術後どうなるのかをはっきりさせることで、納得して手術を受けられます。もちろん、そこで納得できなければ手術を見送るという選択肢もあります。

カウンセリングの重要性

仙台のクリニックでは、眼瞼下垂の手術の前のカウンセリングを念入りに行ってくれるところがたくさんあります。いくつかのクリニックのカウンセリングを実際に受けてみて、医師やスタッフの対応の仕方や、院内の雰囲気、治療の説明が分かりやすいかどうかなどをチェックしましょう。
カウンセリングの内容を踏まえてシミュレーションが行われます。目の左右差やまぶたの厚みなどをチェックしながら、デザインを決める作業です。自分の希望するデザインになるよう、ここでも納得いくまでシミュレーションをしましょう。患者さんが治療の説明やデザインに納得できるまできちんと寄り添ってくれる先生のいるクリニックは、信頼できます。

早期発見のためのチェックポイント

もしかしたら自分は眼瞼下垂かもしれないと思っている人もいるでしょう。加齢によって起こる場合が多い眼瞼下垂ですが、若い世代の方が発症するケースもあります。仙台でクリニックを探す前に、自分でできる2つの軽度の眼瞼下垂のチェックをしてみましょう。眼瞼下垂の治療は基本的に手術になるため、早期発見が必ずしも最良であると言いがたい面もありますが、兆候の有無を知ることで今後注意ができます。
1つ目は、眉毛の下に指を当てて、まぶたを上に持ち上げてみてください。目の周りが楽になったと感じた、また頭痛や肩こりなどの随伴症状が軽くなったと感じたら、軽度の眼瞼下垂の可能性があります。
2つ目は、鏡の前で頑張って目を開こうとしてみてください。黒目の上の白目が1ミリ以上露出しない場合、軽度の眼瞼下垂の疑いがあります。

ピックアップ記事