コンタクトレンズの長期使用が原因の眼瞼下垂を仙台のクリニックで治そう

仙台のクリニックでは、コンタクトレンズの長期使用により眼瞼下垂を引き起こし、手術が必要になるケースが多く出てきています。眼瞼下垂には、大きく分けて2種類あります。眼瞼挙筋の生まれつきの異常によって起こる先天性眼瞼下垂と、加齢や生活する中で眼瞼挙筋や挙筋腱膜に異常が生じる後天性眼瞼下垂です。コンタクトレンズが原因と考えられるケースは、後者に分類されます。
コンタクトレンズを長期間使用していると、装着時や外すときにまぶたを引っ張ったり、コンタクトが眼球を覆う結膜とこすれて炎症を起こしたりすることにより、まぶたがだんだんと下垂してくると考えられています。コンタクトレンズだけを使いすぎず、休みの日や家で過ごすときは眼鏡を併用するなどして対策をしましょう。

花粉症やアトピーが原因となることもある

花粉症やアトピーでかゆがってまぶたをこすることが多い人も、眼瞼下垂を発症しやすいといわれています。そのほか、眠いときや化粧を落とす際などに目をこすっていると、まぶたが引っ張られたり炎症を起こしたりすることがあります。花粉症やアトピーなら服薬による治療を徹底して行い、まぶたを強く触らないように気を付けておきましょう。仙台には良心的なクリニックがありますが、手術になる前に普段から目を傷めないよう心がけておくことが大切です。
ただ、コンタクトレンズの使用や花粉症でまぶたを引っ張ることや、結膜が炎症を起こすことと眼瞼下垂の因果関係はまだはっきりと分かっているわけではありません。発症には個人差があり、長期間コンタクトレンズを使用している人でも発症しない人もいます。過度に気にしすぎる必要はなく、生活に無理のない範囲で予防に努めましょう。

加齢による三角目も眼瞼下垂の一種

一重まぶたの人は、二重まぶたの人に比べると黒目が見え方が小さいため、眼瞼下垂のように見えることがありますが、この場合は違います。一方、加齢により、皮膚の重さに耐えられずに目の外側の上まぶたの皮膚が垂れ下がってきて、三角形の目になっている場合があります。これは後天性眼瞼下垂の一つです。三角目が原因で視野が狭くなり、生活に支障をきたすほどになっているなら、思い切って眉毛下皮膚切除術を受けてみてはいかがでしょうか。人間が目から得る情報に頼ることは数多くあり、人生の中で目がよく見えるか否かということは、人生の充実度にも関係する重大なポイントです。加齢のせいとあきらめずに、信頼できるクリニックで手術を受ければ、文字通り視野が広がり、新たな人生の可能性が開ける一歩になるでしょう。

ピックアップ記事